-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 2006

手に取ったのがセゾンビールだったから・・・

まだまだ雪は残っていますが、
今夜はベルギーのセゾンビール。
本来のセゾンビールは夏飲む為に冬場に醸造して保存しておいたビールの事。
冷蔵庫のない時代に出来たビールのスタイルなので、
保存効果を高める為に、ややアルコール度数を強くして、殺菌効果もあるホップを多めに使ってる・・ま、そんなビールです。
37.jpg
SAISON-D'ERPE-MERE Alc6.9%
ERPE-MERE(土地名)のセゾンビールって意味でしょうか。
ブルワリー名はKlein・・・?GLAZEN TOREN??どっちかわかんないや。
泡立ちが豊かで非常に細かい所をみると小麦をつかっているのかな。
香りは久々に小さな白いお花の香り♪
アメリカのウィートビールのような味わい。しかーし、苦いビールですねー。
口中、舌に絡み付いてくる苦さ(>_<) ウゥー
でもおいしいビールです。

これでこのブルワリーのビールはひと通り飲みましたが、
比較的新しいところなのでしょうか?ベルギービール特有の色気は感じませんが、
比較的おいしいビールを造ってはいます。
結構マニアックなブルワーの顔が見えますね~~(^^)
アメリカ市場もスゴク意識しているように感じます。
特に前回飲んだウインタースコッチはビールマニアの意見を求めていますし・・。
(フリーメールのアドレスを入れてるところから・・・)

ところでよくワタシが「知らないビールばかり飲んでるね」と言われるのですが、
ココで紹介しているビールはちゃんと日本で購入出来るビールですよ~。
珍しいビールを飲んで自慢している訳ではありません。

購入先:大月酒店←これを書いておかなくちゃいけませんでしたね。

‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキングへ←「ビールを飲みながら・・・」も参加中☆彡
関連記事
スポンサーサイト

- 10 Comments

エヌ柿  

本来のセゾンビールがどのようなものだったか、今となっては知ることは難しいですが、恐らく乳酸発酵による酸味があったのではないかと想像しています。
Glazen Toren醸造所はライターだった方がご自身で醸造を始めたところのようですよね。Bier Circusでは"Flemish Saison"と書かれているのを見て興奮してしまいました。普通セゾンというと、ワロニアのものというイメージではありませんか?

2006/03/05 (Sun) 23:19 | EDIT | REPLY |   

aisurukokoro  

どうもです!コメント拝見しました!
アメリカのバー事情と言っても大した違いがあるわけでもないと思いますが、場所によってはバーの中にバスケットコートみたいな所があったり、ソファーと暖炉があるとても落ち着いた感じのバーがあったりで様々です。
私は基本的にバーに行くといつもギネス、ニューキャッスル、コカニー、コロナ、地元のビールと行った感じでどんどん飲んでいくのですが。
それとこの前にバーに行った時に、まるで映画のワンシーンみたいな光景に出くわして感動した覚えがあります。
これは長くなるのでまた後日にでもお話したいと思ってます。管理人様はどんなビールがお好きなのでしょうか?

2006/03/06 (Mon) 06:31 | EDIT | REPLY |   

ペドンギー  

にんかしさん、こんにちは。
よく、農家が夏の農作業の合い間に飲むために冬場に作られたって聞きますね。
僕も夏場から秋に掛けては畑仕事などをやりますが、昼間から7,8%のビールでは、休憩後働けなくなってしまいますね(笑)
野良仕事のお茶には、ベルリナーヴァイセあたりが自分にはちょうど良いのかと。。。

2006/03/06 (Mon) 10:37 | EDIT | REPLY |   

焼き芋親爺  

De Dolle"を凌ぐかもしれないと噂される"Glazen Toren"のデビューなどと勝手に言われている超零細醸造所なのですが、彼等なりに欲張って色々試行している様です。前回の輸入ビールが概ね御好評を頂きましたので、再度の買付けを計画致しております。但し、何が来るかは今の処未定であります。其れ迄にN・柿氏が現地試飲をして下されば安心なのですが、、、。







2006/03/06 (Mon) 19:23 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

Not Subject

エヌ柿さん、
>恐らく乳酸発酵による酸味があったのではないかと想像しています。
正しくは乳酸菌に冒された・・・でしょうか。
温度が20度超えるといろんな菌がうようよと働きはじめますからね。
昔のビールはみんな酸味があったんではないでしょうか。

2006/03/07 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

Not Subject

aisurukokoroさん、
なんだかいろんなBAR巡りしてらっしゃるんですね。
気配りはニホンジンの方が繊細かもしれないけど、なんかガイコクの
方々の方が身のこなしがカッコいい・・・。
>それとこの前にバーに行った時に、まるで映画のワンシーンみたいな光景に出くわして感動した覚えがあります。

いいな。男女のやりとり?それともバーテンさんとの???
BARってそういう空気とか時間の流れに期待しちゃう場所ですよね。
おいしいお酒だけ見つめて飲むなら家でもいいもの。

ワタシはおいしいビールならば何でも好きです。
ベルギービールばかり飲んでいると、アメリカのホップの効いたビールが恋しくなり・・・ホップの効いたビールばかり飲んでいると、モルト感のつよいイギリス系の大人のビールが飲みたくなる・・・そんな感じです。

2006/03/07 (Tue) 00:31 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

Not Subject

ペドンギーさん、
>昼間から7,8%のビールでは、休憩後働けなくなってしまいますね(笑)
ベルギーのセゾンは大体が7%前後ですが、同じ目的で作られているフランスのビェールド・ギャルドは7%以上が殆ど。
働いて、休憩に飲んで、ぐわ~っと昼寝してまた働いたんでしょうか?(実はうちのおばあちゃんが朝から農作業して昼に冷酒を一杯飲んで昼寝してまた午後頑張る人だったので・・)
>野良仕事のお茶には、ベルリナーヴァイセあたりが自分にはちょうど良いのかと。。。
ワタシは普通のホワイトビールがいいです♪

2006/03/07 (Tue) 00:41 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

Not Subject

焼き芋親爺さん、
>De Dolle"を凌ぐかもしれないと噂される"Glazen Toren"のデビューなどと勝手に言われている超零細醸造所なのですが、彼等なりに欲張って色々試行している様です。

やはり新しいところでしたか。
最初はもしかしてアメリカのブルワーなのかしら?と思ったりしました。
一種類だけワタシの好みではなかったペールエールっぽいのがありましたが、ウィンタースコッチはなかなかおいしい出来でした。
やはりベルギーで造られるものはベルギービールらしいスタイルの方がおいしいかも・・・。

2006/03/07 (Tue) 00:51 | EDIT | REPLY |   

エヌ柿  

セゾンとは?

ちょうどこのビールを巡って、ボア・セレストさんのセゾンビール解説がはじまりそうですね
http://ceresteaks.exblog.jp/

>ウィンタースコッチはなかなかおいしい出来でした。
私も大変おいしいと思いました。ドルフィンズ天満橋店の三井店長も同じ意見でした。
http://blog.kansai.com/bbier/12

2006/03/10 (Fri) 07:51 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

Not Subject

エヌ柿さん、
この醸造所のビールは男の人の方が好きそうですね。
本当にマニアック感が伝わってきます。

でも、ワタシがベルギービールに求めている感覚とは違うな~。


2006/03/15 (Wed) 23:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。