スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田検疫所のネコ・・・ 

昨年、15年飼ったネコが天国に行きました。
その瞬間を看取るという事は何とも辛いものでした。

それから1年後、
その日、ワタシは成田空港にいました。

ぼーっと検疫の案内を見ていると、
「えーっ!!」思わずでかい声を出してしまいました。
案内のモニターに映ったネコがうちのネコに瓜二つ。
こんなに似ているネコを見た事が無いという程。
それも命日に・・・。目を疑いました。
母は横で号泣していました。

あるんですね、こんなこと。

で、今晩はヤッホーブルーイングのビール。
b130314
本当にいつもおしゃれなデザインです。
デザインはね(^^;

「水曜日のネコ」って全く中身の想像がつかないネーミング。
ベルジャン・ホワイトタイプですが、
なぜ、ベルギー以外のベルジャンホワイトってこんなに尖っているんでしょ。
柔らかさがない。
スパイスが馴染んでいない。
コリアンダーの存在が、つんつんと鼻腔をつつきます。

やだな。何だか自分の性格を語っているようで。

でもね、やっぱりやほは魅力的なんですよね。
月商1億以上のやほはホント商売もお上手!
これからもやはり飲つづけちゃうんだろーな。

‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキング参加中←アルコールの香りでいっぱい☆彡

関連記事
スポンサーサイト

コメント

看板に偽りあり

これは小麦麦芽を原材料に使わないと出ない香りだと思い、原材料を見たら、やはり小麦麦芽を使っていました。

缶には「ベルギーの伝統的なビール製法」と説明していますけど。

ヤッホーブルーイングは好きな醸造所ではありますが、こんなのを出して恥ずかしくないのかな、というのが第一印象です。

Re: 看板に偽りあり

Brillat_savarinさん、こんにちは。

小麦麦芽・・・今回もやっちゃってますね。
国内でも他のところはきちんと「発芽させない小麦」と説明をつけて
醸造しているようですが。

窒素球を入れたリアルエール缶だとか、
訳わからんビエール・ド・ギャルドとか・・・

次はどんな「なんちゃってビール」が発売されるか
ワタシは逆に楽しみになってきています(^^;

きちんと造れる設備とチカラあるのに何故かいつも残念感が・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ninkasi.blog44.fc2.com/tb.php/494-27591c27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。