29 2009

小細工系・・・

両国ポパイへ。
普段、輸入ビールしか飲まないので、(飲めない、、)
絶対、国産がいっぱい飲めるココはずせません。
b091128.jpg
でもでも今日はオーソドックスなビールを飲むつもりだったのに、
イクスピアリのインペリアスタウト。
・・・・ひぃ、こういうのですか~。ふつうのが飲みてぇ~。

ワイン酵母を使った「小細工系」ビール。
日本のブルワーの小細工系、はっきり言ってきらいなのよん。
何となく腕の悪さをごまかしているようで。

同じ小細工系の
博石館のスーパービンテージは2007のものですが、
年期が違いますな。ここまでくればまぁ許せます。

小細工・・といえば、
ワタシの化粧。今までは8分ですみましたが、
最近はやけに時間が掛かります。
本当に多くの小細工が必要となってきた気がします。
寄る年波には勝てませぬ。

素材を生かして美しさを倍増させるのと、
ダメな・・素材を隠す化粧では、全然違うものね。

ビールもそんな感じなのかな。
シンプルで、オーソドックスでおいしいビールが最終的に行き着くところだと思うわ。
話題作りにはならないかもしれないけどねぇ~。

でも大手が言う「行き着くところはピルスナー」とはなりませんが。

‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキング参加中←アルコールの香りでいっぱい☆彡
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

地ビール愛好家  

ポパイは小細工した麦酒が大好きなマスターがやっているお店です、そんな店に自ら行っておいて「地ビールは小細工するから嫌い」って・・・・

ベルギービールもドイツやイギリスのブルワーからみればある意味小細工の固まりでは?

2009/12/01 (Tue) 00:52 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

一番状態よく飲める店だから、
ポパイに行きたいんです。

地ビールは小細工するから嫌いとは書いてません。
造りが下手なのを「小細工」でごまかすのが嫌いなんです。
下手なビールを小細工で美味しくするならばすばらしいマスターだと思います。

2009/12/01 (Tue) 01:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment