08 2009

裸のランチビール・・・

暑かったり、考える事が多かったりで、
なかなか寝付けない日が続いていました。

眠れないなら無理しないで本でも読もうかしら、、、と
昔、買ったまま読まないでしまってあった本を読む月間!として、
先ずはウィリアム・バロウズの「裸のランチ」から手をつけました。

はっ!気がつけば朝!
読みふけった訳ではなく、序文を読み始めたら極度の眠気が・・・。
結局、毎晩それを繰り返して、
寝つきの良い一週間を過ごせました ・・・。

しかしながら、
本はちぃとも読みすすめる事が出来ず。
今日の休日にゆっくり読みたいなと思い、
ランチビールしながら、本を開きました。
ベルギービール
XXビター。
うむ。やっばりこのビールは瓶で飲むのが一番☆
ベルギービールってあまりホップ苦い印象のものは少ないのですが、
このビールはその名のとおり、苦味を強調しています。
ワタクシ、お気に入りの一本です。

しかしながら、
再びビール飲みながら本を開いたら、
何だか眠気が・・・しっかりお昼ねなんぞしてしまいました。
本・・・読みたいのに、全然読めないよお。

眠りに誘う麻薬のような本ですね。これ。

‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキング参加中←アルコールの香りでいっぱい☆彡

スティーリィなダンはまだ出てこないなぁ。
この本は薬物中毒の幻覚の世界が書かれていますが、
ダメ!ぜったいダメ!・・の世界ですね。やはり。
ビール飲んで幸せ・・・が一番♪
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment