スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化してますか? 

夢の終わりもまた何かの始まり。…そう、生きてる限りね。
だからそんなに嘆く事もないのかな。
でも終わっちゃったよ。スティーリー・ダン@ビルボードライブ大阪。
良かった。本当にすばらしかった(T_T)
これ以上のも音楽に今後出会う事があるのかな…いや、ないともいえない
人は進化し続けるでしょうし。

さてと、
進化といいますか、 試行錯誤し続けているのかな?と見受けられるのが、
志賀高原ビール。
噂の(?)「小麦エール」を飲みました。
先入観のあるワタシは口に含んでかなり驚きました。
小麦のエールにはあり得ないホップ香。そして苦味・・・。

小麦の特徴といえば、プロテインの濁りぐらいかしら。
ヨーロッパのヴァイツェンとかベルジャンのホワイトではなく、
どちらかといえば、アメリカのウイートビールタイプ。
あら?カタカナで言ってみたら、ちょっとしっくりきたような...。
やはりビールは外国の文化なんですねぇ~。

志賀高原小麦ビール(玉造の和料理正道にて。)
一般のお客さんからはこの小麦ビールはとても人気があるそうです。
先入観、固定観念、、これがワタシのビールの楽しみを半減させているのかな。
どんどん退化している自分自身の感覚にちょっと刺激を与えねば。


‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキングへ←アルコールの香りでいっぱい☆彡

追記:よく見たら、小麦エールって、お店のメモ書きでした。
ちゃんとウィートエールって書いてあるじゃん(´~`ヾ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ninkasi.blog44.fc2.com/tb.php/288-695401d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。