08 2007

軽井沢のおフランスビール・・・

ずいぶん前に「お燗するとおいしいよ」とすすめられた
ヤッホーブルーイングのシーズナルビール2007
「フレンチスタイルビール」お燗するには暑すぎる5月の真夏日。
軽井沢高原ビール・シーズナル
ようやく今夜飲んでみました。もちろん冷やして♪

しかし、やほサン、また難しいスタイルのビールを造ってくれましたね。(*´m`)ムフフ
なんつっても、ビエール・ド・ギャルドを造るという発想がすごい!
ビエール・ド・ギャルドってベルギーで醸造すればそのまんまベルジャンビールだもん。
このベルギービールと区別の付かないビミョ~なスタイルをあえて選ぶというのが
何だかスゴイ(^^;
「独自の酵母」って書いてあるので、
ビエール・ド・ギャルド独自の酵母があるんですね。ふぅ~ん。

ビエール・ド・ギャルドというスタイルを知らない方に
簡単に説明すると、
■にんかし☆ビール探訪記・フランス編
フランスのシャンパーニュ地方から続く穀倉地帯の
リールで生まれたベルジャンビールに似たスタイル。
冬に醸造して夏まで保存出来るようにややアルコール度数は高め。
ベルギーのワロン地方のセゾンビールのように農作業の人たちの疲れを癒したにビール。
でもワロンもリール界隈もそこに住む人は殆どが農作業で生活していたでしょうから、
農作業の人たちに飲まれた・・と、あえて書くのも変なのかな?
ちなみにフランスのビール(ラガー系)の7割(だったか?)を生産しているのは、
アルザス地方・・・

おお、簡単に・・と書きながら、またウンチク語り癖が出てしまったわ(--;

しかし、いつもながらオシャレなパッケージデザイン。
今回はフランス地図が書かれ・・・
でもよく見ると肝心なビエール・ド・ギャルドの故郷が欠けてるわね。

‐‐‐---------───────☆
お酒blogランキングへ←アルコールの香りでいっぱい☆彡

飲んだ感想は、去年のアビィビールよりベルジャンらしい仕上がり。
複雑な熟したフルーツ香とスパイシーさ、香りがもうベルジャンだもの!
ワロンとかの若手が造るビールのようです。
ワタシが飲んだ事のあるフレンチスタイルはもっとモルト感が
強い印象がありますが、このビールはとても軽いです。
逆にこれからの季節にはいいのかも♪
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

sugaya  

へぇ~~。。

飲んでみたいなぁ。。
てか、やってみようかな。


話が変わるのですが、長野行ったら相手してくれる?

2007/05/10 (Thu) 01:03 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

スガヤさん、ちは!
長野来るの?いつ?どこへ?何を???
早めに連絡してねっ♪


2007/05/11 (Fri) 00:08 | EDIT | REPLY |   

sugaya  

らじゃ!

2007/05/18 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

にんかし☆  

スガヤクン、
待ってるよ。

2007/05/25 (Fri) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment